メニューを開く

メガメニュー を開く

メガメニュー を閉じる

column

2024/06/20

払えない!住宅購入を悩むあなたへ!諸費用と資金不足を解決するための実践アドバイス

払えない!住宅購入を悩むあなたへ!諸費用と資金不足を解決するための実践アドバイス

住宅購入は一生に一度の大きな買い物。
特に、初めての購入を考える際、予想外の出費が不安の種になることも多いでしょう。
しかし、どんな諸費用がかかるのか、そして資金が足りなかった場合の対策を知っていれば、その不安を大きく軽減できます。
この記事では、住宅購入時に発生する諸費用の全貌と、資金計画に悩む方への具体的な解決策をご紹介します。

住宅購入時の諸費用の全貌

住宅購入にはさまざまな諸費用が伴います。
これらを大きく「物件にかかる諸費用」と「住宅ローンにかかる諸費用」の二つに分けて、具体的な内容とそれぞれの金額の目安を見ていきましょう。

物件にかかる諸費用

物件価格の他に必要となる主な費用には、以下のものがあります。

①印紙税

売買契約書に必要な印紙税は、物件価格が1,000万円超〜5,000万円以下の場合、通常2万円が必要です。

②不動産取得税

物件取得時にかかるこの税金は、固定資産税評価額に基づき計算され、通常は物件価格の約4%です。
特定の条件下では軽減措置が適用される場合もあります。

③登録免許税

不動産の所有権移転や抵当権設定に必要な税金で、物件の評価額によって異なりますが、一般的には0.1%〜2%の範囲です。

④司法書士報酬

所有権移転登記などの手続きを司法書士が行うための報酬は、内容によって異なりますが、一般的に数万円が相場です。

住宅ローンにかかる諸費用

住宅ローンを組む際にもいくつかの費用が発生します。

①ローン保証料

住宅ローンの返済を保証するための料金で、借入金額の0.5%〜2%程度が一般的です。

②手数料

住宅ローンの契約時には、金融機関へ支払う融資事務手数料が必要で、これが数万円から数%の範囲で設定されています。

③火災保険料

ほとんどの金融機関で火災保険の加入が求められます。
これは契約期間やプランによって異なりますが、最長5年、一括で数万~十数万が一般的です。

https://www.sanko-home.jp/modelhouse

諸費用を払えないときの対策

資金が不足している場合でも、住宅購入をあきらめる必要はありません。
ここでは、資金不足に対する具体的な対策を紹介します。

①諸費用のローン組み込み

諸費用の一部を住宅ローンに含めて融資を受ける方法です。
これにより、初期費用を抑えつつ、家の購入が可能になります。

②ハウスメーカー直購

不動産会社を介さずにハウスメーカーから直接購入することで、仲介手数料を節約できます。

③保険料の支払い方法の見直し

火災保険や地震保険の支払い方法を変更し、住宅ローンに含めることで、初期費用を削減することが可能です。

まとめ

今回の記事では、住宅購入時にかかる諸費用の詳細と、資金が足りない場合の具体的な対策方法をご紹介しました。
これらの情報を活用して、計画的かつ賢く住宅購入に臨めるでしょう。
不安を感じたら、この記事のポイントを参考にして、自信を持って次のステップに進みましょう。

相模原市・町田市・大和市・座間市周辺で、住宅購入にお悩みの方は当社までお気軽にご相談ください。

CONTACTCONTACT

お問い合わせ