メニューを開く

メガメニュー を開く

メガメニュー を閉じる

column

2024/07/06

吹き抜け暖房の悩みを解決!快適な住まいを実現する方法

吹き抜け暖房の悩みを解決!快適な住まいを実現する方法

おしゃれな吹き抜けリビングに憧れているけど、寒さが心配…そんな悩みをお持ちのあなたへ。
吹き抜けのある家は、開放感があり、空間全体が広く感じられる魅力的な間取りですよね。

しかし、同時に「冬は寒そう」「暖房効率が悪そう」という不安もつきものです。
そこでこの記事では、吹き抜けリビングの寒さ対策について、具体的な方法を3つのポイントに分けて解説していきます。

吹き抜けの家が寒い理由とその対策

吹き抜けのある家は、温かい空気が上昇しやすく、冷たい空気が下降しやすいという構造的な特徴があります。
そのため、冬は暖房効率が悪くなり、室温が均一に保てない傾向にあります。

しかし、適切な断熱対策を行うことで、吹き抜けリビングでも快適に過ごすことができます。

1: 気密性と断熱性の向上

吹き抜けのある家は、窓や壁の面積が大きくなるため、冷気が侵入しやすく、暖気が逃げてしまう可能性があります。
そこで重要なのが、気密性と断熱性を高めることです。
高気密・高断熱の住宅は、外気の影響を受けにくいため、室温が安定し、暖房効率が向上します。
具体的には、断熱材の種類や厚み、窓の性能などに注意して、適切な施工を行うことが重要です。

2: コールドドラフト対策

吹き抜けの窓から冷気が入り込み、室温が下がる「コールドドラフト現象」は、寒さの原因の一つです。
この現象を防ぐためには、窓の断熱性能を高める対策が必要です。
窓ガラスをペアガラスやトリプルガラスにする、断熱性の高いカーテンやブラインドを取り付けるなど、さまざまな方法があります。

また、吹き抜け部分に暖房器具を設置することで、空気を暖め、コールドドラフトを抑制することも有効です。

吹き抜けリビングを暖かく保つ3つのポイント

吹き抜けリビングを暖かく快適に保つためには、断熱対策に加えて、暖房方法やインテリアの工夫も必要です。

1: 効率的な暖房方法

吹き抜けリビングは、空間に広がりがある分、暖房効率が低下しやすいです。
そのため、効率的に暖めることができる暖房方法を選ぶことが重要です。
床暖房は、足元から暖めることで、部屋全体を効率よく暖めることができます。

また、輻射熱で暖める暖炉や薪ストーブも、暖房効率が高く、温かみのある空間を演出できます。

2: 窓の断熱対策

吹き抜けの窓は、冷気が侵入しやすい場所です。

断熱性の高い窓ガラスを使用したり、断熱カーテンやブラインドを取り付けたりすることで、冷気を遮断し、暖房効率を向上させることができます。

3: 空気の循環

吹き抜けリビングでは、暖かい空気が天井近くに溜まりやすく、床付近が寒くなることがあります。

シーリングファンを取り付けることで、空気を循環させ、室温を均一に保つことができます。

シーリングファンは、デザイン性も高く、インテリアとしてもおすすめです。

まとめ

吹き抜けリビングは、開放感があり魅力的な空間ですが、寒さ対策をしっかり行うことが大切です。
気密性と断熱性を高め、適切な暖房方法を選ぶことで、冬でも快適に過ごせる吹き抜けリビングを実現できます。

この記事を参考に、寒さ対策をしっかり行い、理想の吹き抜けリビングを実現してください。

CONTACTCONTACT

お問い合わせ