BinOのスキップフロアは実際どうなの?メリットとデメリットを解説!

BinO 相模原/三光ホーム株式会社
〒252-0314 神奈川県相模原市南区南台6-15-15

TEL0120-3535-20

メニューを開く

メガメニュー を閉じる

2022/09/30

BinOのスキップフロアは実際どうなの?メリットとデメリットを解説!

BinOのスキップフロアは実際どうなの?メリットとデメリットを解説!

住宅づくりにおいて「狭い土地でも広々とした家にしたい」と考える方は少なくないでしょう。

今回は、BinOのスキップフロアのメリット・デメリットについて紹介するので、相模原市・町田市・大和市・座間市周辺で住宅の購入を検討している方はぜひ参考にしてください。

「BinOのスキップフロア」とはなに?

BinOとは、平屋、スキップフロア、2階建て、小屋、ログハウスのカテゴリーに分かれている規格住宅のことを指します。

その中のスキップフロアは、「段差を利用して健康に暮らす家」の実現を目指しています。

近年、世界中でバリアフリーの住宅の建設が当たり前になってきていますが、海外の研究では過度のバリアフリーはかえって老化を早めてしまうと考えられています。

そのため、生活をする上で適度な負荷がある方が健康に良いという考えが広まりつつあります。

このような考えを導入し、当社ではBinOを利用した、「適度な負荷」が実現できるスキップフロアの家をおすすめしています。

自宅で時間を過ごしているだけで、知らず識らずのうちに適度な運動を叶えることを可能にし、最終的には健康寿命を伸ばすことにも繋がります。

他にも、気密性、断熱性、通気性に関してもしっかりと計算して設計しているので、快適に安心して過ごしていただけます。

スキップフロアのメリット

1つ目は、空間を有効活用できることです。

狭い土地に住宅を建てる際に、十分な居住スペースを確保しようと思うと階数を増やす必要があります。

しかし、階数を増やすといっても法律で家の高さが制限されている場合や、土地に高低差がある場合には、スキップフロアを採用すると限られたスペースで有効に使える面積が増えます。

スキップフロアを採用すると、どうしても階段の数が多くなるので階段の下にデッドスペースが生まれてしまいます。

しかし、そのデッドスペースを収納と活用すると、空間を有効活用できます。

2つ目は、空間が開放的になり、広々と感じることです。

スキップフロアの特徴の一つでもある「空間が仕切られていない」というポイントは、空間が開放的になり広く感じられます。

狭い土地に建設した場合であっても、「仕切りがない」「天井が高い」という特徴から、圧迫感の少ない設計が実現できます。

スキップフロアと似た空間にするためには、吹き抜けという選択肢もありますが、スキップフロアの方がランニングコストを抑えられます。

3つ目は、家族との距離感です。

子供が思春期や反抗期に入ると、以前のような関係性を保つことが難しくなってしまう可能性は十分考えられます。

スキップフロアの設計を採用すると、ちょうど良い距離感を家族間で保てることがメリットの一つです。

部屋同士の仕切りが少ないことが特徴なので、通常の設計の住宅よりも家族間でのコミュニケーションが取りやすいです。

他人と同じ空間にずっといるのがしんどいと感じる方もいますが、スキップフロアでは空間が床の高さのズレによって区切られているため、同じ部屋にいるという感覚が少なく、程よい距離感を保てます。

通常の住宅のように、部屋ごとに完璧に区切ってしまうのもいいですが、家の中で家族の存在を感じながら過ごすのも、素敵ですよね。

スキップフロアのデメリット

1つ目は、費用がかかることです。

スキップフロアを採用すると、使用する材料を工夫して選ぶ必要があることや、使用する量が多いことから一般的な住宅よりも費用がかかってしまいます。

スキップフロアを採用している住宅は、設計上空間を仕切るための壁が少ないため、住宅自体の強度が低くなってしまう可能性が高いので、耐震性を確保するためにコストがかかってしまいます。

他にも、空間の使い方によって音の響き方や光の取り方など、通常の住宅より特殊なので考慮しなくてはいけないポイントが非常に多いです。

そのため、スキップフロアのある住宅の建設を検討しているのであれば、BinOのような規格住宅や、そして建設の実績が豊富な会社に任せるのが一番です。

2つ目は、スキップフロアが認められない自治体もあることです。

一般的に住宅を建設するには、設計書などの住宅に関する書類を持って自治体で申請を行う必要があります。

この時に、住宅が法律に沿っているか確認されるのですが、スキップフロアの場合だと判断が分かれてしまう可能性が高いです。

床の高さが1.4メートル以下、面積が2分の1未満の場合は、床面積に計上されませんが、自治体によっては床面積に含む場合もあります。

そのため、申請を行う自治体によってスキップフロアを用いた2階建てとして計画をしていても、3階建てとしてみなされる場合があります。

他にも、スキップフロアを採用すること自体を認めていない自治体もあるので、スキップフロアのある住宅を建設したいと考えている方は、BinOのスキップフロアや、スキップフロアの建設に実績を持っている会社に相談するようにしましょう。

まとめ

スキップフロアは、特殊な設計であるため、建設時にしっかりと計画を立てなければ、2つ目のデメリットのように認められない場合があります。

そうならないためにも、当社のように実績の豊富な会社に相談するのが大切です。

スキップフロアやBinO、注文住宅などに興味のある方は、いつでも当社にお気軽にご相談ください。

□当社BinO施工例はコチラ

□スキップフロアの「BinO」の詳しい情報はコチラ

ContactContact

「ホームページを見た」とお気軽にお問い合わせください!

BinO 相模原/三光ホーム株式会社 〒252-0314 神奈川県相模原市南区南台6-15-15 > アクセス > 会社概要

どんなことでもご相談ください

BinO 相模原/三光ホーム株式会社
〒252-0314 神奈川県相模原市南区南台6-15-15
> アクセス > 会社概要

ページの先頭へ戻る