メニューを開く

メガメニュー を開く

メガメニュー を閉じる

column

2024/02/02

家づくりをするなら活用したい!補助金と減税制度についてご紹介します!

家づくりをするなら活用したい!補助金と減税制度についてご紹介します!

家づくりを計画する家庭にとって、経済的な負担は大きな関心事の1つ。
経済的な負担をなるべく抑えながら、補助金や減税制度を利用して、快適かつ経済的に優れた住宅を実現したいと考えている人も多いでしょう。
本記事では、家づくりにおける補助金と減税制度の活用方法に焦点を当て、これから家づくりをする方々が後悔しない選択をするための情報をご紹介します。

家づくりの補助金!子育てエコホーム支援事業の魅力とは?

家づくりにおける補助金制度の1つに「子育てエコホーム支援事業 」があります。
この制度は、子育て世帯や若者夫婦向けに設計されており、省エネ住宅の取得や省エネリフォームに対して補助金が交付されます。

補助金対象者と金額

補助金の対象者は、2005年4月2日以降出生の子を有する子育て世帯や、夫婦いずれかが1983年4月2日以降出生である世帯になります。

新築とリフォームそれぞれに補助金があり、新築で長期優良住宅またはZEH住宅を取得する場合、最大100万円の交付が受けられます。
リフォームの場合は、対象住宅のタイプ及び世帯の属性に応じて最大60万円の交付が受けられます。

申請方法と期間

申請は、新築工事もしくはリフォーム工事を行う事業者が行います。
補助金交付の対象期間は、2023年11月2日~2024年12月31日となっており、予算上限に到達次第終了する見込みです。

理想の家を現実に!家づくりの際の減税制度活用術

新たに家づくりをする際に利用できる減税制度は、家づくりの経済的負担を大きく軽減する重要な手段です。
特に重要な減税制度は、3つあります。

1:住宅ローン減税制度の利点

住宅ローン減税は、新築住宅購入時に最も利用価値の高い減税策です。
この制度では、住宅ローンの残高に基づき、所得税から年末時点で0.7パーセントが控除されます。
新築住宅では原則13年間、中古住宅では10年間この減税を受けられることは、大きな魅力ですよね。

ただし、控除を受けるためには、入居した翌年の確定申告が必要です。
住宅ローン減税制度を利用するためにも、必ず確定申告を行うようにしましょう。

2:登録免許税の軽減

新たに家づくりをする際には、不動産の「登記」をする必要があります。
登記は、不動産の所有者や権利を明確にするためのものです。
実は、登記をする際には、登記費用がかかります。

しかし、新たに家づくりをする場合、登録免許税を軽減できます。
新築住宅の登記に際して、登録免許税の軽減も重要なポイントです。
登録免許税の軽減は、2024年3月31日までの延長が決まっています。
所有権保存登記の税率が0.4パーセントから0.15パーセントに、所有権移転登記の税率が2.0パーセントから0.3パーセントに軽減されるのは魅力的です。

この軽減を受けるためには、特定の条件を満たす必要がありますので、必ずチェックしましょう。

3:不動産所得税と固定資産税の軽減

不動産取得税は、新築住宅の場合通常4%の税率が3%に軽減されます。
これに加えて、固定資産税も新築住宅に対して軽減措置があります。
戸建ての場合は3年間、マンション等は5年間、固定資産税が半額になる制度です。
認定長期優良住宅に該当する場合、さらに期間が延長されます。

注意必須!補助金・減税活用のポイント

補助金や減税を利用する際には、いくつかの重要なポイントに注意する必要があります。

1:申請期間と受取時期の確認

補助金や減税制度には、申請期間や受取時期が設定されています。
申請期間を見逃すと、せっかくの制度を利用できなくなってしまいます。
したがって、新築やリフォームを計画する際には、早めに情報を収集して申請スケジュールを把握しておくようにしましょう。

2:予算上限の確認

多くの補助金制度には予算の上限が設定されており、上限に達すると申請を締め切られることがあります。
したがって、補助金を活用する場合は、予算の消費状況を確認して早めに申請しましょう。

3:減税制度の確定申告必要性

減税制度を受けるためには、確定申告が必要な場合があります。
特に住宅ローン減税を利用する場合、住宅取得翌年の確定申告が欠かせません。

4:制度変更や要件緩和の確認

新型コロナウイルスの影響や政策の変更により、補助金や減税制度の内容が変更されることがあります。
最新の情報を確認し、変更点を把握することが、無駄なく制度を活用するためには不可欠です。

まとめ

家づくりにおける補助金と減税制度は、環境意識が高く経済的な負担を軽減したい家庭にとっては大きな支えの1つ。
こどもエコすまい支援事業や住宅ローン減税制度などを活用することで、後悔のない家づくりを行いましょう。
ただし、制度を利用する際には、申請期間や確定申告の必要性のような重要なポイントに注意する必要があります。
最新の情報を常にチェックし、適切な手続きを行うようにしましょう。

相模原市・町田市・大和市・座間市周辺で家づくりを検討中の方は、ぜひ当社までご相談ください。

CONTACTCONTACT

お問い合わせ