これから家を建てようとしている方必見!在宅勤務ができるワークスペースとは?

BinO 相模原/三光ホーム株式会社
〒252-0314 神奈川県相模原市南区南台6-15-15

TEL0120-3535-20

イベント情報

モデルハウス来場予約

メニューを開く

2021/03/09

これから家を建てようとしている方必見!在宅勤務ができるワークスペースとは?

これから家を建てようとしている方必見!在宅勤務ができるワークスペースとは?

「在宅勤務をすることが増えたけど、家だと集中できない。」

相模原市で注文住宅をご検討中で、このようにお悩みの方はいらっしゃいませんか。

自宅に仕事をする環境が整っていない方もいらっしゃいますよね。

そこで今回は、自宅に取り入れたいワークスペースやその具体例、メリットについてご紹介します。

自宅に取り入れたいワークスペースについてご紹介!

自宅に取り入れられるワークスペースにはどのようなものがあるのでしょうか。

今回は、3つご紹介します。

①書斎

独立しているため周囲の音が気にならないのが特徴です。

在宅勤務やリモート会議にも最適ですね。

②スキップフロア

スキップフロアとは、階段の途中や平屋の中2階につくる空間。

書斎に比べてオープンな空間でありながら、段差が間仕切りになるため集中しやすい空間になります。

スキップフロアの構造が生み出すボーナス空間にワークスペースを設ける工夫も可能です!

リビングで過ごす子供にも目が届くため、家族の様子を見守りたい方におすすめです。

③カウンタースペース

リビングやダイニングの一角や階段下などにカウンターを設置してつくります。

仕事以外にも子供たちの勉強スペースや、アイロンがけなどの家事に使えるため便利。

棚を設置すれば収納力もアップするでしょう。

要望に合わせてカスタマイズしてみてはいかがですか。

ワークスペースの具体例やメリットをご紹介!

「家で仕事をする時は、集中したい。」

「家族の存在を感じながら仕事をしたい。」

このように、ワークスペースに求めることは人によって異なりますよね。

今回は、在宅勤務の要望に合わせたワークスペースの具体例をメリットとともにご紹介します。

まずは、集中したい方に。

書斎などの個室タイプのワークスペースがおすすめです。

個室タイプのワークスペースのメリットには、集中できることはもちろん、オンライン会議やミーティングでのプライバシーを確保できることがあります。

また、仕事モードに気持ちを切り替えやすくなり、メリハリのある生活ができます。

次に、家族の気配を感じながら仕事をしたい方に。

リビングやダイニングテーブルを活用するのがおすすめです。

リビングやダイニングで仕事をする際は、家族の気配を感じながら落ち着いて仕事ができるような環境にしましょう。

このタイプのワークスペースのメリットには、仕事場としてだけではなく、子供の勉強スペースとしても活用できることがあります。

また、部屋の広さに余裕があれば、置き家具の工夫で個室に近いスペースにもできます。

まとめ

今回は、在宅勤務の際に考えてみたいワークスペースの具体例やメリットについてご紹介しました。

ワークスペースは、その目的によって適したものを選ぶことが大切です。

これから家づくりを考えている方はぜひ、ワークスペースを取り入れてみてはいかがでしょうか。

☆相模原や町田市、大和市、座間市で注文住宅を建てたい方はこちらのおうちを参考にしてみてください☆

□当社施工例はコチラ

https://www.sanko-home.jp/case_newl

ContactContact

「ホームページを見た」とお気軽にお問い合わせください!

BinO 相模原/三光ホーム株式会社 〒252-0314 神奈川県相模原市南区南台6-15-15 > アクセス > 会社概要

どんなことでもご相談ください

BinO 相模原/三光ホーム株式会社
〒252-0314 神奈川県相模原市南区南台6-15-15
> アクセス > 会社概要

ページの先頭へ戻る