スキップフロアをお考えの方へ!後悔しないためのポイントを紹介します!

BinO 相模原/三光ホーム株式会社
〒252-0314 神奈川県相模原市南区南台6-15-15

TEL0120-3535-20

イベント情報

モデルハウス来場予約

メニューを開く

2021/07/26

スキップフロアをお考えの方へ!後悔しないためのポイントを紹介します!

スキップフロアをお考えの方へ!後悔しないためのポイントを紹介します!

この記事をご覧の皆さんは

「スキップフロアの住宅を考えているが後悔したくない」

このようなお悩みを抱えているかもしれません。

スキップフロアは住宅に取り入れることで面積を広げられる構造のことで、狭小住宅によく取り入れられます。

今回はスキップフロアの後悔ポイントとBinOについて紹介します。

スキップフロアで後悔したポイントをご紹介!

スキップフロアは狭小住宅に取り入れると面積を有効活用できるという優れものですが、同時に住み始めて後悔したことがある方もいらっしゃることが現状です。

ここではそんな方々の後悔ポイントをご紹介するので、事前に確認して家づくりを成功させましょうね。

CASE1 空調の管理が難しい

スキップフロアは壁ではなく段差によって空間を区切る構造なので、広いワンルームのような形になります。

そのため、冷暖房をつける際は使っている部屋ごとに空調を調節するのが難しいです。

つまり、断熱性を高めたうえでスキップフロアに合わせた空調設備にする必要があるのです。

CASE2 階段が多い

スキップフロアは段差で空間を区切るので、当然階段が多くなってしまいますよね。

まだ生活に慣れていない段階では、階段を上り下りする途中で躓いたり疲れたりすることもあるかもしれません。

またご家族の中に赤ちゃんや高齢の方がいる場合は、危険が伴う可能性もありますね。

将来家族の年齢が上がることを考慮して、スキップフロアをご検討すると良いでしょう。

CASE3 掃除が大変

スキップフロアは高低差があるので掃除機を持ち運ぶのが大変だったり、お掃除ロボットが使えなかったりして掃除が大変になる可能性があります。

ただこの場合は掃除しやすいコードレスの掃除機にしたり、フロアごとに掃除機を置いたりして対策可能です。

スキップフロアを住まいに取り入れる際の注意点

スキップフロアを取り入れることでどうしても間仕切りが少なくなったり段差が増えたりするので、プランニングの際にはいくつか注意したほうが良いことがあります。

ここでは注意点を3つ解説するので、スキップフロアを取り入れる際に参考にしてくださいね。

①動線を考える

階段が増えることで移動回数も増えてしまうため、段差があったとしてもスムーズに移動できるような動線を計画しておきましょう。

特に家事動線は複雑にならないようできるだけシンプルな動線にすることがおすすめ。

例えばキッチンや洗濯機置き場を同じフロアに設置したり、階段を少し上り下りするだけで済むような距離にすると良いですね。

②空気や音が空中に行き渡りやすくなることを防ぐ

部屋が間仕切りで区切られていないので家中に空気や音が広がりやすくなりますよね。

対策方法としては機密断熱性能を向上させる、もしくは冷暖房効率を高めることがベスト。

また家中に家族の声や気配が感じやすいことは、時としてはメリットになりますが、思春期のお子様がいる場合はしっかり配慮してあげたいですよね。

プライベートな部屋が必要な場合は、しっかりと壁で仕切られた個室を設けてあげることも検討してみてくださいね。

③空間に広がりを持たせる

スキップフロアの魅力は、なんといっても間仕切りを用いないことで視線が奥まで届き広々と開放的な空間を得られることですよね。

プランニングの際にはこのような特徴を理解したうえで進めていくことがおすすめ。

ただ家の至る所の階段を作るのではなく、視線の抜けや空間の広がりが生まれるようなイメージを持つことが大切です。

スキップフロアの家づくりにはBinOがおすすめ!

ここまでスキップフロアについてご紹介してきましたが、スキップフロアには一般的な家とは違った設計力や技術力が求められることをご理解いただけたかと思います。

つまりスキップフロアに関する深い知識と経験がなければ、なかなか理想の家づくりが実現しないのです。

スキップフロアに特化した工務店を探すのも良いですが、このような構造に特化した規格住宅を検討してみるのも1つの手。

ここで紹介するBinOはこのような特殊な構造に特化した住宅です。

BinOは構造計画に基づいて設計されており、耐震性能も最高等級である「3」を取得できる建物です。

またスキップフロアの住宅の弱点である家全体の空調の調節も、BinOなら最高等級4を取得できる建物の断熱性なので、効率よく冷暖房が可能です。

先述したCASE1.のような後悔をすることもありません。

また劣化対策等級や維持管理対策等級を備え、長期優良住宅の認定を受けることも可能なので、いつまでも最高のコンディションを維持できる家でもあるのです。

スキップフロアの家づくりをご希望の方は一度Binoを検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

この記事では、スキップフロアの後悔ポイントについて紹介しました。

後悔ポイントは空調の管理が難しかったり掃除が大変だったりなどがあります。

スキップフロアに特化した規格住宅であるBinOを一度検討してみてはいかがでしょうか。

この記事を家づくりの参考にしてみてくださいね。

☆町田市や相模原、大和市、座間市で「BinO」を建てたい方はこちらのおうちを参考にしてみてください☆

□当社BinO施工例はコチラ

□スキップフロアの「BinO」の詳しい情報はコチラ

ContactContact

「ホームページを見た」とお気軽にお問い合わせください!

BinO 相模原/三光ホーム株式会社 〒252-0314 神奈川県相模原市南区南台6-15-15 > アクセス > 会社概要

どんなことでもご相談ください

BinO 相模原/三光ホーム株式会社
〒252-0314 神奈川県相模原市南区南台6-15-15
> アクセス > 会社概要

ページの先頭へ戻る