断熱性能に優れた家とは?BinOで暖かい家をつくりましょう!

BinO 相模原/三光ホーム株式会社
〒252-0314 神奈川県相模原市南区南台6-15-15

TEL0120-3535-20

イベント情報

モデルハウス来場予約

メニューを開く

2021/08/02

断熱性能に優れた家とは?BinOで暖かい家をつくりましょう!

断熱性能に優れた家とは?BinOで暖かい家をつくりましょう!

この記事をご覧の皆さんは

「BinOの断熱性能についてもっと詳しく知りたい」「我が家をより快適にしたい」

このようなお悩みを抱えているかもしれません。

マイホームは夏は涼しく冬は暖かい快適な住まいにしたいですよね。

そこで、今回はBinOの断熱性能と断熱材の特徴について紹介します!

断熱性能について

断熱性能の高い家は家中どこにいても暖かさを感じられ、また壁や床の温度と室温があまり変わらないという特徴を持ちます。

ここでは断熱材や工法による断熱性能の違いについてご紹介していきますね。

断熱材の種類は、鉱物繊維系・木質繊維系・発泡プラスチック系の3つに大きく分類されます。

鉱物繊維系は後述のグラスウールのような断熱材のことで、吸音性があり価格もお手ごろですが、隙間ができてしまう可能性もあるので注意が必要。

また性能を高めるためには厚みが必要という特徴を持ちます。

木質繊維系の代表例はセルロースファイバーです。

これは吸音材としても使用されるほど高い防音性を持ちます。

しかし断熱性能のわりに少し値段が高いことが難点ですね。

発泡プラスチック系は硬質ウレタンフォームやフェノールフォームなどが挙げられます。

薄型ですが高い断熱性を誇ります。

防湿性もあるのがうれしい点ですね。

また断熱工法によっても仕上がりが異なります。

壁の内側に断熱材を敷き詰める充てん断熱工法は、職人の技術差が反映しやすいため、断熱材の間に隙間ができたり、性能が十分に発揮できなかったりする場合があります。

一方外張り断熱工法はパネル系の断熱材で家全体を張り込むので、職人の技術が影響しにくく、品質が安定しているという魅力があります。

気密性も高くなり、家がまるで魔法瓶のような状態になるので、暖かさをキープできるのです。

グラスウールの特徴やメリット

グラスウールという断熱材をご存じですか。

これは安いコストで高い断熱性を持つので断熱材として幅広く使われており、BinOもこのグラスウールを採用しています。

ここでは特徴や魅力について詳しくご紹介します。

グラスウールは原料のガラスを溶かして細かい繊維状にした素材で、環境に優しい一面があります。

繊維の密度が高ければ高くなるほど断熱性能も高まるので、選ぶ際は密度を示す数値を参考にすると良いでしょう。

グラスウールのメリットはたくさんあります。

1つ目はコストパフォーマンスに優れていることです。

ほかの断熱材と比べて安価であるにもかかわらず、グラスウールは断熱性能が非常に高いです。

同じくらいの断熱性を誇るフェノールフォームという断熱材もありますが、非常にコストが高いのが悩ましいところ。

お値段が気になる方はグラスウールを断然おすすめします。

2つ目は燃えにくいことです。

グラスウールの原料はガラスでしたね。

ガラスは不燃性なので、たとえ火事が起こったとしても有毒ガスが発生する恐れがありません。

例えば隣家の火事が影響し、家の壁が熱されたとしてもグラスウールなら延焼を防ぎます。

3つ目は経年劣化があまり見られないことです。

原料のガラスはそもそもの耐久性が高いため、経年による劣化があまり見られません。

発泡プラスチック系の断熱材は高温多湿で変形することがありますが、グラスウールならそのような心配はありませんね。

4つ目は体に優しいことです。

国際がん研究機関によれば、グラスウールは「発がん性に分類しない」というグループ3に分類されています。

長年住み続ける住宅は、家族の健康を守ってくれるような安心の建物にできると良いですよね。

BinOの商品は高性能のグラスウールを使用しています。

また最初から形成されている材料を詰め込むだけの作業を行うので、安定した断熱性能を確保できます。

住まいの断熱にこだわりたい方は一度BinOを検討してみてはいかがでしょうか。

BinOで快適な暮らしを!

BinOの住宅は部屋がつながっている特徴があるので、多くの方が冷暖房の効きや光熱費を心配されます。

しかしここでは、そのような不安を払拭させるようなBinOと断熱性能の関係性についてご紹介します。

BinOに使われる無垢材は吸湿発散性に優れているため夏には湿気を吸い、冬には湿気を放出してくれる効果があります。

この性能のおかげで夏はさわやかな空気で快適に過ごせますし、冬は暖かさを感じさせてくれるのです。

また熱を伝えにくいので冷えにくく室内の温度を一定にすることも可能。

BinOの特徴である「風をつかむ構造」によって風通しの良い空間も実現できます。

夏に外から入り込んだ涼しい風は窓を通って部屋を抜けるので、こもった熱を外に放出してくれます。

またシーリングファンによって空気を対流させてくれるので、湿度のムラを減らし冷暖房効率も自然とアップしますね。

このようにBinOは自然の力で室内環境を高められるので、冷暖房の効きや光熱費の心配は不要です。

まとめ

この記事では、BinOの断熱性能について紹介しました。

暖かい家をつくるには、断熱材や工法による断熱性能の違いについて知ることが大切です。

BinOでは断熱効果の高いグラスウールの断熱材を使用しています。

ぜひモデルハウスで断熱効果を体験してみてください。

この記事が家づくりの参考となれば嬉しいです。

☆町田市や相模原、大和市、座間市で「BinO」を建てたい方はこちらのおうちを参考にしてみてください☆

□当社BinO施工例はコチラ

□スキップフロアの「BinO」の詳しい情報はコチラ

ContactContact

「ホームページを見た」とお気軽にお問い合わせください!

BinO 相模原/三光ホーム株式会社 〒252-0314 神奈川県相模原市南区南台6-15-15 > アクセス > 会社概要

どんなことでもご相談ください

BinO 相模原/三光ホーム株式会社
〒252-0314 神奈川県相模原市南区南台6-15-15
> アクセス > 会社概要

ページの先頭へ戻る